e文書法・会社法などに対応したワークフロー機能をリリース

vdrwf2016年 10月 31日、TIWC VDRⓇ にあらたに「ワークフロー機能」が追加されました。

VDR のワークフロー機能で社内の申請・承認業務を おこなえば、見積書・請求書・契約書などの書類はすべて電子署名とタイムスタンプにより、真正原本として扱えるようになります。電子帳簿保存法 (スキャナ保存制度)・会社法・e文書法・会社法などの要件をクリア、一歩進んだペーパーレス化プラットフォームです。

ワークフローによる業務管理で内部統制も強化される一方、専用スキャナを使えば VDR 画面上のボタン操作だけでスキャン取込ができるなど、ユーザにもやさしい機能を備えています。

平成 28年度の改正電子帳簿保存法 (スマフォカメラによるデジタル化) や、外出先でのワークフロー承認に対応した、スマフォアプリも 2016年 12月にリリース予定です。

【パンフレットはこちらから】
https://www.tiwc-vdr.jp/Doc/VDR/Web2/print.html